当ホームページのスマホ対応サイトです。

グリーフケアに関する本の紹介
小児看護学の取り組み紹介 > 長期入院の場合の遊び

長期入院の場合の遊び

カード遊び


一人でも大人数でも遊べるカード遊び(神経衰弱)です

カードは、日本語と英単語になっていて、同じ意味のものを集めます
動作のカードが出たときは、その場でその動作を行い、体を動かして遊ぶこともできます

カードには色々な種類がありすべて手作りです

テーマ 長期入院中の患児との遊び
設定した子どもの年齢 小学3~4年生
特に考慮した点 長期入院と学童期という特徴から学習を楽しく行えるものを考えた
集団で体を動かして遊ぶことで、気分転換を出来るように考えた

釣り掘り


長く入院しているお子さんが楽しく遊べるように釣り堀を作成しました

釣り糸をダンボールで作成した魚に引っ掛けて釣ります。
魚には文字が書いてあり、お題(やさい、どうぶつ、くだもの‥)にそって文字を合わせて単語を作ります

たくさん釣り上げて単語を多く作った人が勝ちです。勝った人には優勝のレイ(花輪)をかけます

テーマ 長期入院中の患児との遊び
設定した子どもの年齢 6歳前後
特に考慮した点 文字を見つけやすいようにひらがなの行ごとに色を変えた
クリップの先でケガをしないようにテープで巻いて保護した
釣り糸におもりをつけて安定するようにした
一人でも大人数でも遊べるようにした