当ホームページのスマホ対応サイトです。

グリーフケアに関する本の紹介
小児看護学の取り組み紹介 > 長期入院の場合の遊び

長期入院の場合の遊び

ふくわらい

ベッド上でできるふくわらいを作成です。
ベッドからの転落防止のため、普通のふくわらいとは違い目隠しをしないで適切なパーツを選ぶようにしました。

ふくわらいの土台は的当てにもなっており、ファルトで作成したボールを投げて遊ぶこともできます。

テーマ 長期に入院している子どもたちとの遊び
設定した子どもの年齢 学童期初期(6~7歳)
特に考慮した点

・ ベッド上で遊ぶことを考え、安全面に配慮できるように普通のふくわらいと違い目隠しをしないで目で実際にみて適切なパーツを選ぶ形にした

・ ファルトにして安全面に配慮した

・ 流行にとらわれないキャラクターに設定した

すごろく



小学生の女の子を対象としたすごろくを作成しました。
すごろくは四季を感じられるような構成になっています。

マスをめくると問題が出てきます。問題は、勉強に関することや遊びに関することなど様々です。

テーマ 長期に入院している子どもたちの遊び
設定した子どもの年齢 小学1~2年生(女児)
特に考慮した点

・ 女児が対象なのでデザインをかわいくした点

・ 長期入院患児は外で遊ぶことが少ないと思い、すごろくの中に四季を取り入れた点

・ 楽しく勉強できるように、クイズに勉強の問題を取り入れた点
参考にした本など なし

ボーリング


入院しているお子さんたちが気分転換できるようボーリング遊びを考えました。
ボーリングのピンはペットボトルで作成しています。

ピンは大きさにより点数が異なります。また、ペットボトルに水を入れることで倒しにくくなったりと難易度を換えることができます 

得点ボードで自分を計算することもできます。

テーマ 長期に入院している子どもたちの遊び
設定した子どもの年齢 小学校低学年(6~8歳)
特に考慮した点

・ 視覚で楽しめるように、ピンをポケットモンスターにしたりボールもモンスターボールにした点

・ ピンの合計を自分たちで計算することによって学習につながる点

・ 対戦制の遊びにしたことで周囲との交流をはかれる点
参考にした本など なし