当ホームページのスマホ対応サイトです。

グリーフケアに関する本の紹介
小児看護学の取り組み紹介 > ベッド上での遊び

ベッド上での遊び

ダーツとすごろく


ダーツはスポンジで作りました。ボールを投げるとダーツに付きます。
マスには動物や植物の絵があり、そのマスにあたったら一緒に歌を歌ったり動物の鳴きまねをして遊びます。

テーマ 病院にいて、生活に制限がある子どもたちの遊び
設定した子どもの年齢 5歳
特に考慮した点

・ 安全に遊べるような素材(フェルトやスポンジなど)を使用した点

・ すごろくのマスの内容に、体を使って物まねしたり歌を歌ったりする動作を組み込んで気分転換を図った点

・ 3通りの遊び方ができるようにし、飽きないようにした点
1)ダーツのみ 2)サイコロとすごろく 3)ダーツとすごろく
体調や気分に合わせて遊べる

参考にした本など なし

お店屋さんごっこ


組み合わせると・・・
ハンバーガーができます。

おすし屋さんごっこもできます。

ファルトで作ったお金で買い物を楽しみます。

テーマ 病院にいて、生活に制限がある子どもたちの遊び
設定した子どもの年齢 4~6歳
特に考慮した点

・ ベッド上での安静を強いられている子どもにベッド上でも熱中できる遊びを提供しストレス発散を目指した。

・ 「お店屋さんごっこ」でこれがほしいといわれたときに、正しい商品を上げることができたり、正しくお金を渡したりということを通して買い物の仕組みを学習できるようにした

参考にした本など

病児の遊びと生活を考える会編:入院児のための遊びとおもちゃ,中央法規出版株式会社,1999.

青木智恵子:車椅子やベッド上でも楽しめる子どものためのふれあい遊び50,黎明書房,2005.

仕掛け絵本(トム君のおさんぽ)


ベッド上で遊べる仕掛け絵本です。挨拶やボタンとつけはずしやファスナーの開閉も学習できるようにしました。
絵本の中には動物が隠れています。
カードもあるので物の名前を覚えることもできます。

テーマ 病院にいて、生活に制限がある子どもたちの遊び
設定した子どもの年齢 3~4歳
特に考慮した点

・ ボタンやファスナーを使用し洋服の着脱練習をする点

・ 朝~夕までのあいさつ、食事の挨拶、帰りの挨拶を練習できる点

・ 様々な人や物に出会うことで単語を覚えることができる
参考にした本など

・ 稲毛教子他:幼児期の発達心理③3~6歳.大日本図書株式会社,1980.

・ 加藤正仁:障害をもつ子どもの遊びカタログ.学研,1984.

仕掛け絵本


ベッド上で楽しく遊べるように仕掛け絵本を作りました。
絵本は、取り外し可能なマスコットがついています。

テーマ 病院にいて、生活に制限がある子どもたちの遊び
設定した子どもの年齢 4~6歳
特に考慮した点

・ 長期間ベッド上での生活をしなければばらない子どもが退屈しないように工夫した

・ 長引く治療でも不安や緊張をやわらげられるようにした

・ 親や医療スタッフと一緒に遊びを共有することでコミュニケーションを円滑にできるようにした

・ クイズを取り入れた点

参考にした本など 特になし